ヒートシンクを大量に買ってきました。使い道ですが、毎回暴走しているSONYのブルーレイレコーダーBDZ-V9の熱対策です。


CIMG5669-s.JPG
買ってきたヒートシンク


毎回(数箇月に1回程度で)発生しているBDZ-V9の誤作動。実は熱暴走ではないかと思い、今回ICチップにヒートシンクを取り付ける事にしました。
BDドライブの書き込みエラーはクリーナーで改善したみたいなので、今回は「予約しても録れていない」「動作途中で固まる」「チューナーの絵が出ない」といった内容の対策です。

大阪・日本橋のPC関係の店で軒並みヒートシンクが売り切れているのは私が買ったからです。探している方がいたら本当にすみませんm(_ _)m


※なお、レコーダー本体を分解するという事は、メーカー保証がなくなります。また、万が一失敗してもメーカーでの修理ができなくなります。 この改造を行なって生じた不具合・火災・怪我などは当方では一切保証しかねます。 ここを観て試したいと思った方はあくまでも自己責任でお願いします。


CIMG5670-s.JPG
天板を外した写真


バラすこと約30分。基盤上にICチップが結構載っています。ネジを数十本外したり、コネクターを数箇所外したり、全面部分の電動扉およびモーター機構を外す必要があり、かなり手間が掛かります。
これだけごちゃごちゃしていると熱がこもるのは当たり前ですね。


CIMG5672-s.JPG
実は3層構造になっていた基盤部分(右側)


まさか基盤が3層構造になっているとは(一番上のチューナー部の基盤は外しています)・・・。背が高いヒートシンクは基盤に干渉するので使えません。この様な構造では熱がこもりますね(^ω^)
ICチップにはデフォルト(購入した状態)では1個もヒートシンクは搭載されていません。


CIMG5671-s.JPG
ヒートシンクを装着する前


CIMG5673-s.JPG
ヒートシンクを装着してみた


実は上の写真の左横の基盤に大量のICチップが載っています(3層構造基盤部分の一番下の基盤)。その部分のICチップにヒートシンクを載せる場合、大きさも様々です。
上の基盤と干渉するので背が高いヒートシンクは使えません。背が低い小型のヒートシンクを使う必要があります。場所によっては小さいものを数個並べて使う必要があります。


CIMG5674-s.JPG
使ったヒートシンク


使用したのは自作パソコン用のヒートシンクです。
ソフマップ・PCワンズなどのパソコンショップで売られています。

ついでにファン部分のホコリも除去しておきました。


組み直したら、何故かネジが2本余ってしまった(笑)
まぁ、今のところ異常なく動いているからいいか・・・。

これで誤作動がなくなればいいのですが・・・。


今回は2台所有しているBDZ-V9の最初に購入した方にヒートシンクを付けています。
数ヶ月運用して誤作動がなければもう1台の方にも付けようかと思っています。ただ、ネジを数十本外したり、コネクターを数箇所外したり、全面部分の電動扉およびモーター機構を外す必要があり、かなり手間が掛かるので・・・ OTL...



★★★2011.12.17追記★★★

バラし方および各基盤の詳細を追加しました。なお、今回はもう1台のBDZ-V9の写真も混ざっていますので、1台目と異なるヒートシンクが付いている写真があります。

今回はメモリーの上にもヒートシンクを追加しています。


なお、「全面部分の電動扉およびモーター機構を外す必要があり」と書きましたが、ICが乗っている基盤部分を外すだけなら、電動扉およびモーター機構を外す必要はありません。


CIMG5684-s.JPG
使用したヒートシンク


使用するヒートシンクは4種類です。
【⑨汎用ヒートシンク】は「大阪日本橋のソフマップなんばザウルス2ハード館」「PCワンズ日本橋」「ソフマップ梅田」などで入手が可能。
【チップ用マルチヒートシンク(金色の方)】は「大阪日本橋のフェイス」「「大阪日本橋のソフマップなんばザウルス2ハード館」「ヨドバシカメラ梅田」などで入手が可能。
【チップ用マルチヒートシンク(青色の方)】は「大阪日本橋のフェイス」「「大阪日本橋のソフマップなんばザウルス2ハード館」「ヨドバシカメラ梅田」などで入手が可能。
【チップ用ヒートシンク】は「ヨドバシカメラ梅田」で入手が可能です(このヒートシンクはヨドバシカメラにしか置いてなかった・・・)。

万が一売り切れていたらすいません・・・。


CIMG5685-s.JPG
BDZ-V9の天板を外した写真


今回はまず背部にあるファンの埃も清掃します。パソコン用の洗浄スプレーを使います。

CIMG5687-s.JPG


スプレーを使う際は、なるべく屋外で作業しましょう。

CIMG5688-s.JPG


ついでなので、基盤上の埃も掃除します。



【B-CASカードの上にある基盤】

CIMG5689-s.JPG
ヒートシンク装着前


CIMG5698-s.JPG
ヒートシンク装着後


この基盤は比較的ICが少ないです。



【チューナー基盤の下にある基盤】

まず、チューナー基盤を外します。その下にこの基盤があります。コネクターを抜いたりする必要があります。

CIMG5690-s.JPG
ヒートシンク装着前


CIMG5695-s.JPG
ヒートシンク装着後


大きいICには青のヒートシンクを4つ組み合わせて装着しています。



【一番下の基盤にたどり着く前に・・・】

00000-s.JPG


ますは上の写真のBDZ-V9の背部の矢印の部分のネジ2個を外します。あと、小さい方のファンのネジを2個(金色)も外します。


CIMG5700-s.JPG


背部の矢印の部分のネジ2個を外したことにより、背部フレームに少しあそびが出来ます。


CIMG5701-s.JPG


小さい方のファンを外します。このファンを外さないと下の基盤に到達できません。
ファンは背部フレームに引っかかっているので少し力を入れて外す必要があります。


CIMG5702-s.JPG


ファンが外れました。
ファンの底に基盤を被っているフレーム(チューナー基盤の下の基盤を支えているフレーム)のネジが1箇所あります。その為ファンを外す必要があります。


CIMG5703-s.JPG


基盤を被っているフレームを外します。


CIMG5692-s.JPG


ここまでたどり着くのに外したネジおよそ30数個・・・。



【一番下にある基盤】

CIMG5693-s.JPG


一番下の基盤です。
ここが一番ICが多いです。ヒートシンクを組み合わせてICチップに装着します。

CIMG5694-s.JPG


装着後。ヒートシンクはICチップの大きいさにあったものを使いましょう。


CIMG5707-s.JPG


3枚重ねの基盤。この構造では熱がこもるのは当たり前ですね。
最新のレコーダーではおそらくこんなに基盤が重なっていないと思われます。


2011.12.17現在、録画・視聴ともに、これといったトラブルは発生していません。




★★★2011.12.18追記★★★

BDZ-V9の2台目のヒートシンク装着時に、一番下の基盤の2箇所のヒートシンクが2番目の基盤を支えるフレームに干渉していたため、背が低いものに交換しました。


訂正001-s.JPG
交換前


赤で四角く囲んだ部分のヒートシンクが2番目の基盤を支えるフレームに干渉する部分。
フレームに負担がかかるため、ヒートシンクの交換を行う必要があります。


CIMG5705-s.JPG
交換後


ヒートシンクを背が低いものに交換。フレームに干渉しなくなりました。

※なお、ヒートシンクの交換時に写真を撮影し忘れたので、交換前の写真はBDZ-V9の2台目、交換後の写真はBDZ-V9の1台目の写真を使用しています。


2011.12.18現在、録画・視聴ともに、これといったトラブルは発生していません。




★★★2012.02.05追記★★★

今のところ予約録画した番組の録画ミスは全くなく、録画した番組をBD-RE/Rディスクに書き込む際にも目立った異常は発生していません。



★★★2012.04.15追記★★★

1週間前あたりからBD-R/REドライブ不調。追記できなくなったり記録した番組が再生できなくなるトラブル発生。ドライブの寿命?



★★★2012.05.06追記★★★

GW中に再起動、予約録画テスト。HDDに録画した番組をBD-REにムーブ。5月6日現在異常なし。


チップIC誤作動ソフマップ基盤熱暴走ヒートシンクBDZ-V9電動扉PCワンズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。